腕の肉

苦痛な要素が少ない

甘いものの誘惑

メカニズムからの比較

脂肪溶解注射の特徴に、施術における苦痛が少ないという点があります。脂肪細胞を除去する手法としてよく利用される脂肪吸引では、脂肪細胞を除去するために麻酔液によって脂肪を液状化させて、それをカニューレという管によって吸い出す方法が取られます。麻酔液を利用することからもわかるように、カニューレを挿入するためにはターゲットとなる部位に対して小さな穴を開ける必要があります。外科的な手術の一種に含まれる脂肪吸引では、施術中はともかく施術後に発生する傷の痛みを避けることが難しいです。その分即効性のある効果が期待できるのは良い点ですが、大きな効果を得ることと引き換えに痛みを背負う必要があることは施術に対する不安要素の中でも大きな割合を占めます。それに対して、脂肪溶解注射の場合は手術ではなく、注射を打つだけで施術が終わります。切開を行うことによって生まれる傷を伴わないという特徴に繋がるこの点は、施術中はもちろんのこと、施術後に痛みを生むこともほとんどありません。力づくによって脂肪を取り除くのではなく、自然な身体の作用を活用して脂肪を取り除くことができることが、痛みの差を生みます。

施術後の苦労も少ない

脂肪溶解注射を利用すると、施術後の苦労も少ないです。施術そのものも注射を打つだけですぐに終わることから、10分ほどで終わる施術スピードがその一例として挙げられます。さらにその上で、施術後に通院を行う手間もかからないことも見逃せません。また、傷を隠す必要がない他、当日シャワーを浴びることも可能で日常生活にほとんど影響を与えません。脂肪溶解注射は、日常生活に影響を与えずに気になる脂肪を除去できる方法です。脂肪吸引と同じような目的でありながら、効果や施術後の影響は大きく違っています。脂肪溶解注射について担当医の説明をよく聞いて、脂肪吸引と合わせてじっくりと検討することが大切です。

Copyright(c) 2015 脂肪との素敵な別れ方は脂肪溶解注射に任せる~その脂肪にSAYGOODBYE~ . All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com